スポンサーリンク

【中国上海へ行こう!】JALで行く上海(2021年世界一清潔な羽田空港編)

旅行
旅行

東京から上海へ向かうルートは、羽田便と成田便があります。
この記事では、羽田空港〜上海虹橋空港路線の空旅についてお話しします。

羽田空港は、スカイトラックス社が毎年発表している「世界で最も清潔な空港ランキング 2021」で第1位に選ばれました。
スカイトラックス社は、イギリスに拠点を持つ航空サービスリサーチ会社です。
スカイトラックス社が発表しているランキングには、「世界で最も清潔な空港ランキング」のほか、「世界最高の空港」「世界のトップ100航空会社」などがあります。
スカイトラックス社が発表しているランキングについては、次の公式サイトをご覧ください。

この記事の対象になる方
  • 上海へ旅行する際に成田便にするか羽田便にするか迷っている方
  • JALグローバルクラブの会員の方で成田空港と羽田空港のラウンジの違いを知りたい方
  • JALグローバルクラブの会員の方でJALが提携している虹橋空港のラウンジを確認したい方
  • 虹橋空港から中国の新幹線(高鉄)に乗り換えを考えている方
スポンサーリンク

概要

上海初心者
上海初心者

こまったなぁ。
東京から上海へはどう行けばいいのだ〜
そもそも成田?羽田?どっちを使えばいいんだろう。

中国通
中国通

この前は、成田〜上海浦東ルートについて説明したわね。
今回は、羽田〜上海虹橋ルードについて説明するわ。

上海初心者
上海初心者

羽田空港っていいの?

中国通
中国通

羽田空港は、世界一清潔な空港に選ばれたのよ
せっかく羽田空港に行くなら、実際にどれほど綺麗なのかを見るのも面白いわね。

上海初心者
上海初心者

なるほど〜。
普段、そんな視点で空港に行ったことないから面白いかも。

スカイトラック社の「世界で最も清潔な空港ランキング」を見るとトップ10に日本の空港が4つほどランクインしています。日本人として誇らしいですね。

第1位 羽田国際空港
第3位 成田国際空港
第6位 関西国際空港
第7位 中部国際空港セントレア

では、さっそく本題に入ります!

JAL羽田便で行く上海(羽田〜虹橋空港)

羽田空港を9時15分ごろ離陸して、虹橋空港には、11時45分ごろ着きます。
私が、JALグローバルクラブの会員ということもあり、ほとんどJALを利用しています。
上海が目的地の場合は、羽田便を利用することが多いです。
その理由は、成田空港へのアクセスとしてスカイライナーを使う場合、30分に1本というような縛りがないからです。山手線や京浜東北線は、数分間隔で運行されていますから、乗り遅れるといったようなことに神経を使う必要がない分気楽です。

成田空港を利用する場合の上海へのアクセスについては次の記事をご覧ください。

東京モノレールを利用する方へちょっとお得な話

東京モノレールを利用する際にSUICAやPASMOを利用する場合、JALマイルがたまるサービスをやっています。
このサービスを受けるには、次の条件があります。
・PASMOやSUICAなどの全国の交通系ICカードで東京モノレールに乗る必要があります。
・JALマイルがたまるのは、浜松町駅から羽田空港第1または第2または第3ターミナル間を乗車した場合です。
・初回のみ、交通系ICカードとJALマイレージバンクの番号を紐づける必要がありますので、JAL IC機能付きJALマイレージバンクカード、またはJALカードを持参しましょう。(2回目以降はタッチするだけ)
・1回の乗車で20マイルたまります。1日最大80マイルたまります。


この専用端末が改札口においてあります。改札を出たら交通系ICカードをタッチします。

初回のみマイレージバンクの会員番号と紐づけるための登録が必要です。

詳しくは、公式ホームページをご覧ください。

JALマイレージバンク会員の方は、次の公式サイトをご覧ください。

羽田空港 国際線ターミナル名称変更の話

羽田空港の国際線といえば、ターミナル名称が変更されたのをご存知でしょうか?
もともと羽田空港国際線ターミナルでしたが、2020年3月14日から羽田空港第3ターミナルに名称変更が行われています。
羽田空港国際線ターミナルの場合、eTicketのターミナル部分の表記は、TIになります。Internationalを意味するI(アルファベットのI)です。第1ターミナルの場合は、T1です。
TIと T1って紛らわしくないですか?
私の海外の友人は、帰国時にTIと記載されたチケットを見て羽田空港第1ターミナルへ行ってしまいました。このような外国人は、少なくなかったと思います。
そういった意味でも、羽田空港国際線ターミナルが、第3ターミナルに名称変更されたことは、とても良いことだと思っています。

羽田空港国際線第3ターミナル(旧国際線ターミナル)

世界一清潔な空港に選ばれた羽田空港のロビーになります。
普段利用していると当たり前だと思ってしまいがちですが、私たちが利用している空港は、すごいんですね。

JALサクララウンジ

羽田空港のサクララウンジにもJAL特製ビーフカレーがあります。
私が旅立つ前のルーティーン、それがこれです。カレー、らっきょう、明太子です。
ラウンジで食べすぎると機内食が食べられなくなるので、要注意です。

JAL羽田便 機内食

JALグローバルクラブ会員の場合、エコノミーのチケットでもビジネスにアップグレードされることがあります。ビジネスの食事は、美味しいし、量もあるし、お酒もおいしいし、最高です!

こちらは、エコノミークラスの食事です。ビジネスクラスの食事よりもエコノミークラスの方が、知恵を絞って考えに考えられているメニューのような気がします。

さぁ、羽田に向かっていよいよ離陸です。

機窓からの景色

虹橋空港で中国の新幹線(高鉄)への乗り換える場合

ここでは、中国の新幹線を中国語名称である高鉄と記載します。
高鉄に乗り換える場合は、基本的に上海駅か虹橋火車駅から乗車する2通りがあります。
どちらの駅から乗車するかで路線が異なったり、停車駅が異なったりしますので注意が必要です。
旅行の目的地をしっかり確認しましょう。

虹橋空港から近い高鉄の駅は、虹橋火車駅です。
旅行の目的地が虹橋火車駅から行ける場合は、迷わず虹橋火車駅からの乗車券を購入しましょう。

高鉄の乗車券予約購入サイト

日本国内で事前に高鉄の乗車券を予約購入するには、Trip.comの利用がおすすめです。
日本語対応、日本で発行されたクレジットカードでの購入ができます。
高鉄の乗車券予約は、乗車日の1ヶ月前から受付開始です。
1ヶ月前にならないと旅行の日程が確定できないのは、少しやきもきしますね。

虹橋空港から虹橋火車駅への移動

JALやANAで虹橋空港に着陸する便は、虹橋第1ターミナルになります。
虹橋火車駅へは、地下鉄10号線で移動する必要があります。
乗車区間は、2駅、4〜5分程度で到着します。

※この路線図は、Affinity Designerで作成しています。
作成方法について記事を作成していますので、ご興味がありましたら、ぜひご覧ください。

ネット予約したチケットを虹橋火車駅で受け取る方法

まず、駅構内に入るためには、パスポートチェック及びX線に荷物検査があります。
荷物検査を終えて駅構内に入ると写真のようなチケット売り場があります。

このチケット売り場でチケットを購入することができますし、ネットで予約購入している場合は、予約番号とパスポートを提示して、乗車券を受け取ることができます。

基本的にどの窓口でも発券して貰えますが、混み合っている場合が多いので、比較的空いてるネット予約受取専用窓口で発券してもらうと良いでしょう。

79番、80番の网络取票专窗がネット予約受取専用窓口です。

なお、2020年から外国人もeチケットになり、IC付きパスポートの提示で乗車できるようになりました。紙のチケット(購入控え)を窓口で受け取ることもできます。

ご注意
  • eチケットになっても、乗り換え時間は、2時間くらい余裕を持っておいた方が無難です。
    高鉄の利用者はとても多いため、駅構内へ入場する際に行われるパスポートチェックで時間がかかったり、荷物のX線検査で時間がかかったりします。
  • 改札でパスポート読み取りが失敗する場合があります。念のため、購入控えを窓口で受け取っておきましょう。

JAL 虹橋便で帰路に就く(上海虹橋空港〜羽田空港)

虹橋空港の提携ラウンジ

虹橋空港には、サクララウンジがありません。
提携ラウンジは、中国東方航空のラウンジで、席数も十分あり、料理の種類も豊富です。
料理は、基本的に中華になります。
飲み物は、ビールもありますが、生ビールはありません。青島缶ビールになります。

JAL虹橋便 機内食

ビジネスクラスの機内食です。
JALグローバルクラブの会員ゆえにビジネスクラスへのアップグレードも多いです。

虹橋空港発羽田行きのエコノミークラスの機内食です。
毎回、JALの工夫を凝らしたメニューという感じがします。

機窓からの景色

すでに日本の上空に入っています。

羽田空港行きの便には、何度も搭乗していますが、このようにスカイツリーが見えたのは、初めてです。

ここまで来ると羽田空港は、もう目の前です。この浮島が羽田が近いことを教えてくれます。

旅の終わり

着きました〜。
羽田空港について安心してはいけません。
東京モノレールで帰る場合は、忘れずにしっかりマイルをためて帰りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

上海へのルートとして、成田便と羽田便の2通りがあります。
日本国内のアクセスを考えて成田にするか、羽田にするかを決めてもいいと思います。
また、上海の観光を便利にするために虹橋空港を選ぶのか、浦東空港を選ぶのかという視点で決めてもいいと思います。
上海へのルートとして2つの選択肢があるのは、とてもありがたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました